固定種の種で家庭菜園

子どもが生まれてから、食べ物の安全性や添加物が気になっている今日このごろ。
先日行った、安部司さんの講演会でも安部司さんが自宅で家庭菜園をしていると
伺い、今年は私も挑戦してみるとにしました。
なぜ固定種なのか。現在日本で流通している野菜はF1という1代雑種の種から作られたもので
同じ日に種をまくと一斉に芽を出し、生育も一定で、形状もそろった野菜ができます。
そうすることによって、農家さんは一斉に収穫することができ、大きさにバラつきがないため
スーパーでは1ついくらで売ることができます。そう、皆が便利なのです。そして、
1代雑種なので、農家さんは毎年種苗メーカーから種を買います。
ところが、固定種だと、生育にばらつきが出てしまい、大きさや形も様々です。しかし、
翌年も同じ野菜ができるので、種を自家採種することができます。そして、何より美味しい。
家庭菜園だと、一斉に大きくなると食べきれないので、生育にばらつきがあった方が都合がいいし
昔ながらの美味しい野菜、その土地にあった病気に強い野菜がありがたいのです。
最近は、有機栽培や低農薬栽培などの野菜がスーパーに並ぶこともありますが、
有機栽培の野菜の種は、有機栽培かどうか、分からないと知って愕然としました。
有機栽培の野菜を作るための種は、種を採るために消毒をするということに、矛盾を感じました。
でも、固定種の野菜を作って、種も自家採種すれば、本当の意味で無農薬の野菜を作ることができます。
全部の野菜を家庭菜園で作ることはできませんが、いくつかでも作って種を後世に伝えていけたらと
思っています。