Results for category "日常"

豚汁を作りました

豚汁を作ることにしました。きっかけは夫のいたらない一言だったんです。ある日の晩御飯で私が豚肉と大根の葉と水菜を煮込んだものを作ったんです。汁というより煮物に近いです。それを見て夫は「あれ、えらく具材の少ない豚汁だな」と言いました。私は否定しました。夫も冗談のつもりだったのはわかっていましたので、そこでは大して気にもしませんでした。そして次の日の晩御飯。鍋にすることにしました。キムチ鍋などの色味が激しいものではなく、ダシなどがメインの薄い色の鍋でした。するとそれを見た夫がまた「また豚汁?今日のは昨日と打って変わって具材が多いけど」と言うんです。そもそもその時、鍋に使っていたのは鶏肉ですよ。豚ではありません。どうしてそんなに豚汁豚汁言うのかと聞くと、夫は一言。「豚汁食べたい」と言いました。最初からそう言えばいいじゃないですか。言い回しが遠すぎて全然伝わってきませんでしたよ。まぁリクエストされてしまっては作らざるをえませんので翌日作ることにしました。ごぼうは高かったので買えませんでしたけどね。代わりにレンコンを入れました。ちゃんと酢水にひたしてアクもとりました。その日の晩御飯でようやく豚汁にありつけた夫は嬉しそうでした。

朝と夜は寒いのに昼間は暑い

最近涼しくなってきました。と言っても、朝や夜のみ。日が出てる時は座ってるだけでも、汗が滲む程の暑さです。
煙草を吸わない同居人がいる為、ベランダで毎回煙草を吸うのですが、日差しが暑くていてもたってもいられない…。これで禁煙出来るかもしれないですね。

朝や夜は涼しくて、煙草を吸い終わってもしばらく風にあたって黄昏てます。いつもこのぐらいの涼しさなら、外出が億劫にならなくなるのに。
いつになったら昼間も涼しくなるんでしょうか。けど、楽しいイメージが強い夏が終わる感じって、なんだか寂しい気もします。

さてと、重い腰を上げてこの暑い日差しが照りつける中、フルフェイスのヘルメットをかぶって原付バイクに乗り、夕飯の買い出しへ出かけます。
冬にはいいですが、夏にフルフェイスは結構地獄です。
片道五分ぐらいでつく街に親しまれるスーパーへ。田舎というのもあって、結構小さい所なのですが9時〜23時までやっています。
現在無職の為、食費は削りに削って買い物するようにしています。絶対買うのが、豆腐。安いしヘルシーだし日にちも割ともちます。
そしてうどんやそば。貧困生活には必須食品だと私は思っています。栄養はしょうがありません。
幸い、仕事も見つかり来週から働くことができるので、初給料がもらえるまでの我慢と自分に言い聞かせ、目を血走らせながら安い食材を探します。
その姿はきっと妖怪のようだったでしょう。
そうして確保した食材たちで、豆腐とうどんと鶏肉(安いモモ)の水炊きを作りました。食材だけで言うと二百円ぐらいです。
料理とは言えませんが、お腹が膨れればいいのです。まだまだ節約生活頑張らねば。

ニュース

今、ニュースではデング熱のニュースばかりあっている。
デング熱、感染率すごいなぁ。
蚊の移動範囲がどれだけすごいのかが、かなりわかる。
まだまだ暖かい日が続いているから、蚊もまだまだいる。
蚊に刺されるだけでも嫌なのに、一週間も高熱で苦しむのはもっと嫌だなぁ。っと思う。
いつ自分が蚊に刺されて、デング熱に感染するかもわからないし、対策は、虫除けスプレーをするか、長袖長ズボンで行動するか、ってしかないかなぁ。
広島の災害で、行方不明の二人の方たちはどうなってるんだろうか…
早く見つかってほしい。
土砂の中で埋もれて、何日も何日も苦しんでいるの、すごく可哀想。
早く出してほしいよね。
家族の人たちも、早く見つけて、早く土砂から出してあげて、って思っているよね。
沢山の死者を出して、沢山の被害が出た。
いつ、自分が住んでいるところが、災害に巻き込まれるかわからない。
どんな対策をすればいいかも、あまりわからない。
テレビをつけても、新聞を読んでも、毎日悲しいニュースが沢山で、そのニュースがなくなる日はない。
楽しいニュースがもっともっと溢れて、悲しいことが起こらなくなったらいいのになぁ。
みんなが不安なく住みやすい街、世の中になってほしい。

なんでそんなことするの

心霊番組などを見ていて本当に心の底から不思議に思うんですけど、どうして心霊スポットなんかにわざわざ行くんでしょう。よくあるじゃないですか。若い男女数人が出ると噂の心霊スポットに行ってみた時のことみたいな感じで投稿されているやつが。そもそもどうして行くんでしょう。例え、霊的な何かが映らなかったとしても怪奇現象に合わなかったとしてもとしても、そういった場所には行くべきではないですよね。ちゃんとした祓う力のある方行って、霊を成仏させるとかならわかりますよ。ただど素人が興味本位で行くのは、かなり軽率な行動だと思うんです。私は霊感なんてありませんし、幽霊が本当にいるかなんてわかりません。でも見えないから感じないからと言って、いないと決めるのもおかしな話じゃないですか。だって私には見えていないんだから。だからこそ、そんな曖昧な存在を面白半分で扱うんでしょうけど、本当にそんな見えない何かたちの存在があったとしたら、面白半分で扱われたら良い気はしないですよね。普通に考えて、自分だったらバカにされてる気がして嫌ですもん。そうやって考えると、実のところそんな想像力もない人間こそが一番怖いのかもしれませんよね。

おばあちゃんの靴選び

私の曾祖母はもう数年で100歳の割には元気で明るい可愛らしいおばあちゃんです。私自身、昔から大変可愛がってもらい助けてもらったので、足腰がめっきり悪くなってしまった今、恩返しをするように、お使いをしたり、おばあちゃん自身を買い物に連れて行ってあげたりします。まぁ恩返しというより、当たり前のことですし何より、おばあちゃんが笑顔になってくれるのは私的にも大変嬉しいので喜んでやっています。そんな、おばあちゃんが新しい靴が欲しいと言い出しました。自分の足では自由に出れなくなってしまったため、私や母を頼るしか方法のないおばあちゃんは、ここ数年ずっと靴を変えずに生活していたそうです。ですが、とうとう破れてしまったため買い換える決心をしたようです。早速、おばあちゃんを連れて靴屋さんに行きました。おばあちゃんの靴選びは大変です。まず、履くときに動作が最小限になるものにしなくてはいけません。また、サイズはよく吟味しなければなりません。小さすぎては足に負担がかかりますし、大きすぎたらコケる可能性があります。おばあちゃんがコケるということは大惨事に繋がりかねません。それから軽くて、見た目があまり華美でないものという要望でした。お店の人に手伝ってもらいながら、かなり時間を掛けて探しましたが、好みの靴が見つかった時に、おばあちゃんがとても嬉しそうに笑ったのでオールオッケーです。

ささみの筋とり

お夕飯は鳥ささみのチーズロールと、梅大葉ロールにしようと
300gの鳥ささみの筋とりに挑戦してました!

筋とりって面倒くさいけど、筋とらないと食感がよくないし口に触っちゃうから
なるべく頑張って筋をとっているけど、途中で切れたりして難しいんです!食べちゃうのは一瞬なのに…!
というわけでネットで鳥ささみのレシピを探してたら、簡単な筋とりの方法を見つけちゃって
それからは楽に筋をとれるようになったんですよー♪

筋が上にくるように鳥ささみを置いて、フォークの刺すところの一番下の間に筋を入れて
フォークを押し当てたまま、筋を指でひっぱると…簡単にとれましたー!
こんな方法があるなら早く知りたかった!何十分もかかってた苦労は一体なんだったのかしら!
ていうかよくフォークを使うなんて思いついたよなぁと、最初にやった人を尊敬します。

そんなわけで大量の筋を簡単にとることができたので、鳥ささみを観音開きにして塩コショウをなじませ
細く切った人参スティックを電子レンヂで柔らかくして、鳥ささみで巻きます!
同じようにチーズと大葉も巻いていきます。
あとは小麦粉を薄くまぶして、焼いて火を通すだけで簡単にヘルシーでおいしい鳥ささみロールの完成です!

メタボリック気味な旦那様も喜んでくれる1品です♪

恐怖のぎっくり腰

ぎっくり腰ってどんな時になると思いますか?
一般的には重いものを持ちあげようとした時に
起こるものだと思う方が多いはず。
私の場合はただテーブルの上のメモを取ろうと
手を伸ばした瞬間でした。
ただ手を伸ばしただけで突然腰に
激痛が起こったのです。
そこからはもう大変!
座るのも立ち上がるのも至難の業。
こんな簡単に惨事は起こりうるのだと
考えさせられました。
とりあえず、近所の整形外科へ。
レントゲンをしっかり撮影してもらい、
間違いなくぎっくり腰と診断された後、
治療として電気を腰に当てることになりました。
同様に腰や肩に電気を当ててもらっている
患者さんが集められている部屋に通され、
看護士さんに「では、ここのベッドに横になって下さい」と
うながされました。
ところがそのベッドにはもう既に
腰に電気を当ててもらっているおじいちゃんが
横たわっているではありませんか!
どうやらこの整形外科は人気があって、
患者さんの割にはベッドが少ないので、
一つのベッドに二人並んで
治療してもらうようなのです!
なんだか不本意に感じながらも
背に腹は代えられず、おじいちゃんと並んで
電気を当ててもらうことになりました。
でも電気治療が始まると
その心地いいことと言ったらありません。
いつしか隣におじいちゃんが寝ていることも
ベッドが狭いことも忘れて
よい心持になっておりました。
その後、おばあちゃんが隣だったり、
一人でベッドを占領できたりというのを
繰り返しながらほぼ一か月近く。
ようやく完治し、もう通うことはなくなりました。
ぎっくり腰の痛みはこりごりですが、
ちょっとした腰痛でも電気治療には行きたいなと
思うほど心地よかったです。

ゆるんだ体に渇を入れます!

1年ぶりに体重を量ったら、私が最後に量った体重から10キロも太ってました…!
なんか最近足が痺れると思ったら、自分の体重で血管が圧迫されてたという情けない事実に気づきダイエットを決意しました。

改めてお腹を見ると、脂肪の浮き輪がついてる…!
久しぶりにお風呂でまじまじ自分の体見たらキューピーちゃん(腕と足極太の)みたいだったよ…。
女子としてあるまじきですよね、女子失格というか、女子辞めたらいいのにってレベルですよ!
歩く掛け声は「ドスコーイ」が似合う女子なんて絶対に嫌ですよね…。(私も嫌です)

そんなわけでビリー軍団に入隊しました!だいぶ流行に乗り遅れてますが、母のを借りました。
最後までビリー隊長についていけませんでしたが、すっごく汗かきましたー。
しかもお腹が痛いから刺激されたのかな♪
ビリー隊長の厳しい指導のおかげで痩せることができそうな気がします!

あとは家族皆と私にジュースとお菓子の禁止令を出しました。
誰かが食べてるの見たら、自分も食べたくなるからです!←
けど誰も守ってくれません(´・ω・ )
とりあえずまだ我慢できてますが、既に甘いものが食べたいです。

お風呂は半身浴をして、更に汗をかきました♪
お風呂上がって体重量ったら変わってないけど、毎日続けたら
きっと痩せますよね…!
ダイエット頑張ります!